緊急事態宣言(4月10日発令)への対応につきましては、Newsおしらせページをご確認ください。

レッスン再開後も新型コロナウィルス対策の継続をお願いします

4月14日以降、通常の対面レッスンをお休みしておりましたが、5月25日より通常レッスンに戻ります。

引き続きコロナウィルスへの対策をしながら教室運営をしていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

4月7日のコロナウィルスへの対応を引き続きお願いいたします。


新型コロナウィルスによる肺炎の流行への対応(4月7日)

4月7日からのレッスンは、3月のお知らせ通り開始いたします。

それにより、3月2日に発行した新型コロナウィルスへの対応を下記のように改めましたので、生徒の皆様の周知をお願いいたします。

★生徒の皆様へのお願い(全コース)

  1. 熱や風邪症状がなくても、必ずマスクをしてレッスンに参加してください。
  2. 咳エチケットを実行してください。
  3. 37.5度以上の熱や咳、くしゃみなど風邪のような症状がある方は参加を見合わせてください。(体調改善後、振替システムをご利用ください)
  4. レッスン中体調の変化が見受けられるかたには、早退をお願いしています。

★子どもコースの方へ(中学生以下)

  1. 大声でおしゃべりしたり、お友達に触ったりすることがないようにします。
  2. 教室の壁やガラス、テーブルなどに不必要に触ったり口をつけたりしないようにします。
  3. 床に転がったりしないようにします。
  4. トイレに行った後には必ず手洗いをしてください。

教室では下記のように対応します。

 

  1. 先生は必ずマスクを着用します。
  2. テーブルはレッスンごと除菌します。
  3. 2月までカーペット上で行っていたアクティビティーは、テーブルに着席して行います。(幼児の方はカーペットですが椅子に座っているので変更はありません)
  4. 空気清浄機を使用します。(浮遊している細かい飛沫を濾過する力はありますが、インフルエンザウィルスなどの空気中のウィルスを殺すものではありません)
  5. 可能なかぎり、なるべく教室の換気を行います。(教室の形状や状況により換気ができない場合もあります)

 


下記も参考にしてみてください。

咳エチケットでは、咳やくしゃみをするとき口をおおうのですが、手のひらでおおうのではなく、ハンカチやティシュ、ヒジやウデで口をおおうことをすすめています。手のひらでおおうと手についたバイキンが手で触るところにどんどん広がっていきますが、ヒジやウデなら広がりにくいです。コロナウィルスが治まった後も続けていきたい習慣ですね。

マスクはウィルスをシャットアウトする力があるわけではありませんが、汚れた手で無意識に顔を触るのをさけるという点で大きな意味があります。また、くしゃみなどで飛沫が飛び散るのを避けることができます。手に入らない場合は上記を参考にしてみてはいかがでしょうか。