新型肺炎への対応

新型コロナウィルスの感染拡大により、岡崎市内の小中学校も政府からの要請を受け3月2日から休校になります。

ファーストステップは、地震や台風などの緊急事態への対応として市内の教育委員会の方針に合わせる方針でしたが、今回の新型肺炎への対応については下記のようにさせていただくことになりましたので、どうぞご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。

  1. レッスンは通常通り開講いたします。
  2. レッスンに参加するすべての生徒さんには、なるべくマスクの着用と咳エチケット(下記の関連リンクをご覧ください)の周知をお願いいたします。
  3. 発熱や体調不良、咳やくしゃみのある場合はレッスンに参加しないようお願いいたします。
  4. レッスンでは生徒と先生の距離を保つため、なるべくテーブルに着席して教えることとします。
  5. テーブルはレッスンごとアルコールなどで殺菌します。
  6. レッスン中、体調不良が見受けられる場合はご帰宅をお願いすることになります。

今後、ファーストステップ内でコロナウィルスにかかった生徒さんが発生した場合は教室を休業します。また、生徒さんの家族が罹患した場合も同様です。

下記も参考にしてみてください。

咳エチケットでは、咳やくしゃみをするとき口をおおうのですが、手のひらでおおうのではなく、ハンカチやティシュ、ヒジやウデで口をおおうことをすすめています。手のひらでおおうと手についたバイキンが手で触るところにどんどん広がっていきますが、ヒジやウデなら広がりにくいです。コロナウィルスが治まった後も続けていきたい習慣ですね。

マスクはウィルスをシャットアウトする力があるわけではありませんが、汚れた手で無意識に顔を触るのをさけるという点で大きな意味があります。また、飛沫が飛び散るのを避けることができます。どこにいっても見つかりませんので、上記を参考にしてみてはいかがでしょうか。